投稿日:

断熱工事における板金工事の必要性

こんにちは!愛知県名古屋市中川区に事務所を構え、東海三県各地で活動しています保温・板金工事業者の三岐保温工業株式会社です。
弊社の主力業務はビルや工場・商業施設・市営および県営住宅などのさまざまな建物の設備を対象とした保温工事・保冷工事・板金工事です。
保温・保冷工事は、皆様がより快適に過ごすための環境づくりに欠かせません。
弊社では「量より質」をモットーに、高品質な施工をご提供してまいります。
板金工事と聞くと、保温工事(断熱工事)に全く関係ないのでは?と思いがちですが、実は板金工事は保温工事(断熱工事)に必要な工事です。
そこで今回は、断熱工事における板金工事の必要性をご説明します。

なぜ板金工事が必要?


保温工事や保冷工事は、配管内の流体を一定の温度に保ち、目的の場所に届けるために行う工事です。
施工方法は、配管に保温材や断熱材を巻くことです。
ではなぜ板金工事が必要なのでしょうか?
それは保温材や断熱材は水分に弱いからです。
雨などに濡れてしまうと、保温材や断熱材は劣化してしまい、配管の保温工事がまた必要になってしまいます。
それを防ぐために、配管に巻いた保温材などを外装材で保護する目的で板金工事が必要になります。

断熱材・保温材とは?

断熱材や保温材は「熱絶縁材」と呼ばれ、熱を遮断するための材料です。
「耐火断熱材」「断熱材」「保温材」「保冷材」など、目的により呼ばれ方が違います。
弊社が手がけるような保温工事や保冷工事に使用するケースとして、高温の場合は「断熱材」、ついで「保温材」、低温になると「保冷材」になります。
保温材の代表的な材料は、グラスウールやロックウール、ウレタンフォームです。
材質や厚みにより使用する温度が変わります。

保温材をカバーする役目

保温材は熱には強いものの、水分には非常に弱く、雨などに触れることは避けなければいけません。
また、紫外線や衝撃に弱い素材でもあります。
配管に巻いたままにしておくと、雨や紫外線などによって劣化してしまい、保温材の役目を果たさなくなり、配管内の流体の温度が一定に保てなくなります。
それを防ぐために行うのが板金工事です。
つまり断熱工事における板金工事は、保温材をカバーする役目なのです。

【求人】三岐保温工業では新規スタッフを募集中!


ただいま三岐保温工業では、一緒に働いて頂ける現場スタッフを募集しております。
経験者の方、特に板金工は大歓迎です。
未経験者のご応募も歓迎します。
板金工事や断熱工事の経験がないからと不安になる必要はありません。
弊社スタッフが、一人前になるまで丁寧に指導いたします。
少しでもご興味がありましたらお気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

三岐保温工業株式会社
〒454-0996 愛知県名古屋市中川区伏屋5-711
TEL:052-750-5920 FAX:052-750-9889

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

同時に技術を学べる環境です!~求人募集~

同時に技術を学べる環境です!~求人募集~

こんにちは、愛知県名古屋市に拠点を置き東海三県で多種多様な建物での保温工事、保冷工事、板金工事を行な …

会社にある機械紹介(その2)

会社にある機械紹介(その2)

今日、紹介する機械はこちら! サークルシャーです。 主に鉄板を丸に加工してくれる機械です! この機械 …

ゼロから職人を目指せるチャンス!

ゼロから職人を目指せるチャンス!

こんにちは、愛知県名古屋市に拠点を置き東海三県で多種多様な建物での保温工事、保冷工事、板金工事を行な …